水浸対物レンズオプションを用いたハイコンテント共焦点イメージング

ImageXpress® Micro Confocalシステムは、固定細胞および生細胞のワイドフィールドイメージングと共焦点イメージングを切り替えできるハイコンテントイメージングソリューションです。生物全体、厚みのある組織、2Dおよび3Dモデル、細胞または細胞内の現象の高品質な画像を取得できます。スピニングディスク共焦点およびsCMOSカメラにより、速度を求められる心筋細胞の拍動や幹細胞分化などの特異的な現象もイメージングできます。MetaXpressソフトウェアと、水浸対物レンズなどの選択可能なフレキシブルなオプションを使用することで、ImageXpress Micro Confocalシステムは、3Dアッセイの開発からスクリーニングまで、多くの共焦点イメージングアプリケーションを可能にします。
  • 高品質な画像を取得

    特許取得済みのAgileOptix™スピニングディスク共焦点テクノロジーと、広い視野、明るい光源を利用して、コントラストに優れた高解像度の画像を取得できます。
  • 画像取得と解析をカスタマイズ

    画像取得および解析パラメーターを最大限制御することで、3D構造解析から生物または細胞集団内の特定のオブジェクトのターゲティングイメージングまで、多くのアプリケーションが可能になります。水浸対物レンズ、環境コントロールなどの標準オプション、または当社の高性能なカスタマイズソリューションを利用して、様々なアプリケーションを実行できます。
  • 短時間でより多くのデータを解析

    MetaXpress® PowerCore™ソフトウェアはハイスループットを求められる環境での解析スピードをさらに高めます。このソフトウェアはマルチコアCPU環境に画像処理作業を分配します。
ImageXpress Micro Confocal Video

特徴

  • 広いダイナミックレンジ

    3 logを超える輝度のダイナミックレンジにより、同一の画像における低輝度シグナルと高輝度シグナルを同時定量化できます。
  • 唯一無二のAgileOptixスピニングディスク共焦点テクノロジー

    このテクノロジーは、独自の光学系、高輝度固体光源および最新のsCMOSカメラにより、高い感度イメージングを提供します。共焦点光学系はクリックのみで高解像度モード、高速度モードに切り替えることが可能です。
  • 広い視野

    広い視野により、ウェル全体の共焦点イメージングが可能で、標的を見逃しません。
  • 一体型ロボティック・リキッドハンドリングオプション

    化合物の添加、ウェルの洗浄、および培地交換を伴うアッセイのために、オプションの一体型ロボティック・リキッドハンドリングを利用できます。
  • 正確な3D解析

    MetaXpress 3D解析モジュールは、共焦点イメージングに最適化されており、体積と距離の3D測定が可能です。
  • 複数のイメージングモード

    このシステムでは、標準のオプションとして、位相差および明視野ラベルフリーイメージング、蛍光、ワイドフィールド、RGBカラーイメージング、および共焦点イメージング、ならびに水浸イメージングの観察法に対応できます。

*NEW* 標準オプションと高性能なカスタマイズオプションによるイメージング機能の最適化

水浸対物レンズ、高輝度レーザー、生体深部組織に最適な低クロストーク透過共焦点ディスクモジュール、低酸素環境研究、厚みのある細胞サンプルおよびマルチプレックスアッセイなど様々なニーズに対応する最適化されたイメージング機能を提供しています。

画像ギャラリー

フレキシブルなイメージングソリューションを使って研究を拡張できます

モレキュラーデバイスは、ImageXpress Micro Confocalハイコンテントイメージングシステム用に、フレキシブルなオプションを提供しています。ハンギングドロップ法や丸底・平底プレートなどの様々なサンプルフォーマットを用いた画像取得や、環境制御下での細胞のモニタリングなど、様々な研究ニーズを満たす柔軟性の高いシステムです。30年を超えるイメージングの経験がある当社が、アッセイに最適な画像を確実かつ正確なに取得することができるオプションの選択をお手伝いします。

 

水浸対物レンズ

水浸対物レンズは、シグナルを最高4倍高めることができます。短い露光時間で3次元(3D)で厚みのある組織サンプルをより深く観察する際に役立ちます。

高性能なカスタマイズに
さらに深い見識を獲得できます

お見積もり・お問い合わせ
Image Imaging Widefield Confocal Comparison

 

 

役に立つソリューションを提供します

モレキュラーデバイスは、ImageXpress Micro Confocalハイコンテントイメージングシステムをカスタマイズして、ユーザーのニーズに合わせた調整を行います。インキュベーター、リキッドハンドラー、フルオートメーションワークセル用のロボットなどの他社の装置とも統合できます。高品質の製品と世界的サポートの提供は、ライフサイエンス業界で30年を超える経験のある当社にお任せください。

販売は当社のCustom Product Purchase Terms(www.moleculardevices.com/custom-products-purchase-terms.)に従って行います。

高輝度レーザー

高出力レーザーによる励起により露光時間を最大75%減らせます†。5チャンネルレーザー光源の出力は400~1,000 mW/チャンネルです。 1,000 mW/チャンネルの8チャンネルレーザー光源(近赤外を含む)はマルチプレックス要件の多いユーザーに理想的です。

  • SN比の高いシャープな画像を取得
  • 露光時間を短縮することで、スキャンスピードを最大2倍†加速
  • CFPおよびYFP用レーザーを用いてFRET実験を実施
標準光源
Standard Intensity Image
レーザー光源
High-Intensity Lasers Image

同一の露光時間で取得した画像

深部組織観察用共焦点ディスクモジュール

レーザー光源と組み合わせた、深部組織観察用共焦点ディスクモジュールへのアップグレードにより、厚みのある組織サンプルを画像取得する際の分解能を改善できます†。

  • 焦点外の光ノイズを低減
  • 焦点面外のノイズ(ピンホールクロストーク)を抑制
  • 厚みのある組織サンプルの深くまで透過し、シャープな画像を取得
標準共焦点ディスク
Standard Intensity Image
深部組織透過共焦点ディスク
High-Intensity Lasers Image

同一の露光時間で取得した画像

ImageXpress Micro Confocalハイコンテントイメージングシステムのアプリケーション例

3D細胞イメージングと解析

3D Cell Imaging and Analysis

3次元(3D)細胞モデルは現在非常に注目されており、in vivoで生じている組織の微小環境や細胞間相互作用、生物学的プロセスをより生理学的に正しく再現できるとされています。ImageXpressシステムのようなハードウェアテクノロジーとMetaXpress®ソフトウェアの統合された3D解析モジュールを組み合わせることで、予測能の高いデータを生成できます。 この単一のインターフェースは、スループットやデータの質を犠牲にすることなく、3D画像取得と解析の課題に応えることができ、発見に信頼性をもたらします。

Read Application Note 

3Dゲルマトリックスアッセイ

3D Gel Matrix Assays

トランスレーショナルリサーチを推進するため、3次元(3D)アッセイモデルの開発と統合が一般に行われるようになってきています。 当社のImageXpressシステムでは、バックグラウンドのノイズを最低限に抑えて鮮明さを高めることで、厚みのあるサンプルの優れた可視化を可能とし、その結果、正確な画像セグメンテーションが行えます。 3D空間における細胞の画像取得と解析をシームレスに統合し、体積、輝度、距離の測定を行えば、スクリーニングアッセイの生物学的重要性を高めることができます。

Read Application Note 

ライブセルイメージング

Live Cell Imaging

ライブセルイメージングは、生細胞の構造と機能を調べるための顕微鏡を用いた研究です。動的な細胞のプロセスをリアルタイムで可視化し、定量化できます。ライブセルイメージングは、長期的な培養を伴う事例や生細胞を蛍光標識する事例など、幅広いトピックとアプリケーションを含んでいます。

Read More  

神経突起伸長・神経突起トレーシング

Neurite Outgrowth

ニューロンは、神経突起と呼ばれる部分を伸ばすことで、つながりを作ります。 この生物学的現象は神経突起伸長と呼ばれます。 神経突起伸長を引き起こすシグナル伝達機構を理解することで、神経毒性反応や化合物スクリーニング、あるいは神経再生に影響を与える因子の解釈に関する有用な見識が得られます。 ImageXpress MicroシステムとMetaXpress画像解析ソフトウェアを組み合わせると、スライドやマイクロプレートを用いた細胞アッセイの神経突起伸長イメージングと解析を自動化できます。

Read More  

Organ-on-a-Chip

Organ on a Chip Assays

3Dマトリックス支持層を用いた細胞の共培養と、それにより得られる細胞構造への栄養分や化合物の灌流を行うマイクロ流路を使用する、器官の生理機能の模倣が新薬や毒性の生物学的に重要なスクリーニングモデルとして急速に人気を得てきています。ImageXpressシステムは、2Dまたは3Dのどちらのアプリケーションにもすぐに活用可能なソリューションであり、様々なタイプのプレートタイプで使用できます。

スフェロイドアッセイ

Spheroid Assays

スフェロイドとなるよう培養した3次元(3D)細胞は、特にガン研究のために、より完全で生理学的予測能の高いモデルとなります。 巨大な構造の測定を行う際は、スフェロイド塊内の様々な深度で画像を取得し、3Dで解析するか、一枚の2D投影画像に変換してから解析を行います。 ImageXpress Micro システムとMetaXpressソフトウェアは、3Dスフェロイドの画像取得と解析を迅速かつ正確に行えるようにデザインされています。

Read Application Note 

毒性スクリーニング

Toxicity Screening

新薬の開発や既存薬再開発(ドラッグリポジショニング)において、オフターゲット効果や毒性効果のスクリーニングは非常に重要です。 ImageXpressシステムは、ハイスループットセルベースアッセイによる毒性試験に適した自動画像取得および解析のための、完全に統合されたハードウェア・ソフトウェアプラットフォームです。 オプションの環境コントロールを使用すれば、生細胞の反応やカイネティック反応をリアルタイムで数日間モニタリングできます。

Read Application Note 

仕様とオプション

 

一般的な仕様

 
カメラ sCMOS(2048×2048)(4メガピクセル以上)
視野 1.93 mm2(対物レンズ10倍使用時)
検体処理速度スピード 200,000ウェル/日以上
対物レンズ 1x~100x、油浸および水浸(水浸系はオプション)
フィルター切替方式 8ポジションの吸収フィルターホイールおよび5ポジションのダイクロイックミラーホイール
オートフォーカス方式 レーザーオートフォーカス、イメージオートフォーカス(併用可能)
位相差観察(光学式)

明視野観察

サポートされるプレート 1536ウェルプレートまで
スライドガラスの観察

ロボティクス・自動化への適合性

温度制御

CO2制御

リキッドハンドリングおよび環境コントロール

O2共焦点観察

CO2ワイドフィールド

湿度制御オプション

ソフトウェア MetaXpress画像取得・解析ソフトウェア
MDC storeデータマネジメント

カスタムモジュールエディター

Related Collateral

ImageXpress Micro Confocal System製品カタログ

カタログ

Brochures(日本語準備中)

ポスター

Application Notes(日本語版):

Application Notes(日本語準備中):

Though the technical specifications of the ImageXpress Micro Confocal system are different than that of our legacy ImageXpress system products, the widfefield mode covers the same applications as the legacy widefield only products.

Applications

More Applications

Posters

More Posters

Related Webinars

Related eBooks

Product Support

セミナー動画申し込み:Organ-on-a-chipの導入を成功に導くには


公開期間:2020年9月末日まで

オンラインセミナー動画:Organ-on-a-Chipって何?

~正常・疾患モデルを用いたハイコンテントスクリーニング(HCS)~


Iオルガノプレートを用いた3次元組織モデルと疾患モデル


Imaging Webinar: 3D スフェロイド画像解析

アプリケーションワークフローと実験デザインの柔軟性を最大化しましょう

当社のエキスパートが、ユーザーの皆様のために役立つソリューションをご提案します。