CHO Host Cell Protein

この文章は自動翻訳により作成されています。

Anti-CHO HCP 検出キット


宿主細胞タンパク質(HCP)は、細菌、酵母または哺乳動物産生細胞株で発現されるバイオ医薬品に見られる混入物です。タンパク質発現細胞株の中で、チャイニーズハムスター卵巣(CHO)細胞は、組換えタンパク質治療薬の工業生産のために最も一般的に使用されている哺乳動物宿主です。しかし、バイオ医薬品の製造および製造プロセスでは、CHO細胞からHCPが汚染されることがよくあります。これらの残留HCPは、薬物の有効性を低下させ、患者において有害な免疫原性反応を引き起こす危険性があります。したがって、残留HCP汚染物質を検出し、許容可能な最低レベルまで低減する方法は、薬の安全性と認定においての重要課題です。


ForteBio とCygnus Technologiesは、残留HCPを定量するAnti-CHO HCP Detection Kitを共同開発しました。 Octet®プラットフォームの迅速なハイスループットタンパク質分析能力と業界標準のCygnus 3G抗CHO HCP抗体の幅広いHCP認識および感度は、創薬研究者にHCP分析に画期的なメリットをもたらします。


主な利点

  • 完全自動化無人HCP分析
  • 1時間で96サンプルのHCP結果を完全に分析
  • 5〜10%CVの高精度アッセイ
  • 0.5 ng / mLの高感度検出

詳細はこちら

Anti-CHO HCP 検出キットデータシート

テクニカルノート 41: CHO Host Cell タンパク質検出

ポスター: 残留CHO HCPタンパク質の迅速、簡単分析

ウェビナー: モノクローナル抗体医薬品開発におけるCHO残留タンパク質の自動検出


現在、HCP分析法の中では、ELISAが最も一般的に使用されています。しかし、ELISAの高度な手作業による処理工程はデータのばらつきにつながり、さらに長時間のインキュベーション工程が必要とされます。 Octetシステムは全プロセスを自動化してアッセイの精度を劇的に向上させ、作業者の介入を最小限に抑えます。 Octet HTXシステムを用いた完全自動化無人稼働でのHCPアッセイでは、1時間で96サンプルの分析結果を得る事が出来ます。一般的なELISAによる分析では1時間3サンプル程度と推定され約30倍の処理能力と言えます。