FAB2G – Anti-Human Fab-CH1 2nd Generation

この文章は自動翻訳により作成されています。

Dip and Read™抗ヒトFab-CH1第2世代(FAB2G)バイオセンサー

ヒトFabおよびIgGのラベルフリー検出、定量、および速度論解析


抗ヒトFab-CH1第2世代(FAB2G)バイオセンサは、ヒトIgGのCH1領域に特異的な高親和性リガンドで予め固定化されています。 Octet®およびBLItz®システムと組み合わせることで、FAB2Gバイオセンサーは、リードの同定および最適化、エピトープバイニング、細胞株スクリーニング、プロセス開発、およびQCのためのFabフラグメントまたは完全長ヒトIgGの分析のための迅速かつラベルフリーソリューションを提供します。抗ヒトCH1リガンドは、遊離軽鎖に対する認識もマウスまたはウシIgGとの交差反応性もありません。この高レベルの特異性により、細胞培養上清、ライセート、または部分精製サンプルなどの複雑なサンプルから直接IgGまたはFab検体を直接分析することが可能になり、従来の分析方法にくらべ大幅に時間を節約できます。


詳細はこちら



特徴

  • ・粗精製サンプルまたは部分精製サンプルで、動的スクリーニング、オフレートの順位付け、およびFabのエピトープバイニングを実行する
  • ・標的抗原またはFc受容体への結合の速度論的分析のためのヒトFabまたはIgGの容易な捕捉(Kon、Koff、KD)
  • ・ヒトFab、F(ab ‘)2およびIgGの全サブクラスの迅速定量
  • ・ヒトカッパまたはラムダ軽鎖に対する認識なし
  • ・オリジナルのFABバイオセンサーよりも向上したFab捕捉親和性、ベースライン安定性、および再生

Fab or IgG for Kinetic Analysis


速度論解析のためのFabまたはIgG

図1:Octet RED384システムを用いたリガンドHIgG Fab(50 kDa)と分析物Fabフラグメント、ヤギ抗HIgG(H + L)(50 kDa)との間の相互作用の速度論的分析。 1×Kinetics Bufferを全体のマトリックスとして使用し、アッセイ温度は30℃であった。データを処理し、1:1結合モデルを用いて曲線適合させた。


FAB2G Kinetic Analysis

FAB2Gキネティック分析

図2:ヒトIgG1とFcRnとの相互作用の速度論的分析。 FAB2Gバイオセンサーを用いてhIgG1を捕捉し、そしていくつかの濃度を用いてFcRnと会合させた。グローバルフィッティングおよび5秒間の解離工程(フィットラインは赤)を有する1:1モデルを用いて親和定数を決定した。アッセイはリン酸緩衝液、pH 6.0中で行った。


Anti-Human Fab-CH1 2nd Generation Biosensors Analysis

抗ヒトFab-CH1第2世代バイオセンサーによる分析

標準的なダイナミックレンジについてのアッセイパラメータ(1000rpm、2分)を用いた、OctetRED384システム上のFAB2Gバイオセンサに結合するヒトFabの用量反応曲線。 A)生データトレースB)計算された結合速度を用いて得られた標準曲線


詳細はこちら

テクニカルノート、アプリケーションノート、ポスター、顧客プレゼンテーションをダウンロードするには、弊社の文献ページをご覧ください。