Featured Highlights

この文章は自動翻訳により作成されています。

Featured Highlights

 


Octetシステムの広範囲な利用法

Octetシステムユーザーは、様々なアプリケーション分野で研究の最前線にいます。
実際の科学者がどのようにスクリーニング効率を向上させ、サンプル数を増やし、より高品質なデータを取得しているかご覧ください。

 

 


早期段階のバイオ医薬品開発における統合ソリューション

ForteBioは、バイオ医薬品開発のためのクラス最高のワークフローソリューションを提供し、販売、サービス、サポートを統合した1ポイントサポートを目指しています。

 

 


白書:ストリーミングアフィニティ分析

スクリーニング、キャラクタリゼーション、最適化、最終的な選択を迅速化するために、リード選択プロセス中にBLIがヒット物質の信頼性のある動態および親和性情報を得る際に過去の限界をどのように克服するか役立ちます。

 

 


次世代SPRでの相互作用分析

PioneerシステムとdiSPRを組み合わせることで、従来のSPRではできなかった相互作用の特性評価が可能になります。
一次スクリーニングから親和性および速度論データを得て、不安定な標的を分析し、広範囲の分子をアッセイする例などが試されています。

 


Webiner:可能性のあるアッセイの改善

KBI Biopharmaは、第1相臨床試験のタイムラインへの目標に加速して近づくために、数多くのOctetを用いた効力アッセイを開発しました。彼らの二重結合アッセイを開発する際の重要な要素について説明します。

 


今後のWebiner:フラグメントスクリーニングのアプローチについて

Pioneer FEシステムを使用して、フラグメント候補をスクリーニングし、高い信頼性のある親和性と動的データを一次スクリーニングから直接取得できます。このウェビナーでは、実際のターゲット発見ワークフローから技術とアプリケーションの概要を説明します。


アプリケーションノートNo.22:治療用タンパク質の抗体価

Octetプラットフォームは、治療用タンパク質の力価測定が可能なハイスループットな方法を提供します。 アプリケーションノート22番(AN 22)は、インスリン、第VIII因子、第IX因子、顆粒球コロニー刺激因子およびエリスロポエチンのカスタム定量について論じています。

 


BLI検出キット – 残留タンパク質A

バイオプロセスサンプル中の組み換えプロテインAまたはMabSelect SuReTM不純物を測定するための高感度で堅牢なアッセイを必要とする研究者向けの、ハンズオンタイムを短縮した、ELISAに代わるシンプルで迅速な方法。

 


新しいアプリケーションノート:インフルエンザワクチン力価

Octetによるアッセイは、インフルエンザ力価決定のためのSRIDアッセイに代わる便利な方法です。
より広いダイナミックレンジでより速く正確に、力価は無傷のウイルスおよびウイルス表面に放出されたHAタンパク質の両方について測定することができます。

 


新しいアプリケーションノート AN19:FCRN KINETICS

Octetプラットフォームは、FcRn-IgG相互作用のin vitro結合動態を測定するための迅速で柔軟な選択肢を提供します。アプリケーションノート19は、FcRn結合アッセイから正確で信頼できる結果を得る最良の手法の概要を説明しています。

 


新しいFAB2Gバイオセンサー

新しいAnti-Human Fab-CH1 2nd Generation(FAB2G)バイオセンサーを使用して、FabフラグメントとIgGの迅速な検出と分析を行います。ベースライン安定性、シグナル、および再生能力において、オリジナルのFABバイオセンサーよりもさらに優れた性能が期待できます。

 

新しいHIS1Kバイオセンサー

Anti-Penta-HIS(HIS1K)バイオセンサーは、複雑なサンプル中のHisタグタンパク質を捕捉するために、高度に特異的なPenta-His抗体であらかじめ固定化されています。
HIS1Kバイオセンサーは、定量アッセイと動的キャラクタリゼーションアッセイの両方に対応しています。

 


ANTI-CHO HCP 検出キット

HCPアッセイ用の面倒で手間のかかるELISA用いた分析を回避できます。新しいAnti-CHO HCP Detection Kitは、Cygnus 3G抗体の幅広いHCP認識と、両方の長所を生かしたOctetシステムの迅速なワークフローを提供します。

 


新しいオクテットデータ分析HT Software

Octet Data Analysis HTソフトウェアを使用すると、古典的なサンドイッチ形式、タンデム形式、プレミックス形式の大きなエピトープバイニングデータセットを数分で分析できます。
データを追加してオーバーレイし、複数の実験を組み合わせてパネル内の抗体をクラスターまたはビンに割り当てます。

 


Octet K2システム

Octet K2システムは、BLI検出技術の能力を必要とする小規模なラボに非常に優れた価値をもたらします。
この研究にやさしいシステムでは、大きな分子と低分子の結合相互作用を測定するために高感度な反応速度実験が実行できます。

 


アプリケーションノート16

Octet HTXシステムは、タンデム、古典的なサンドイッチ、またはプレミックスアッセイフォーマットを使用して数時間でクロス競合アッセイを実行し、複数の順列をテストできます。アプリケーションノート16では、これらのアッセイを開発するための原則とベストプラクティスについて説明しています。

 


高精度ストレプトアビジン(SAX)バイオセンサー

高精度ストレプトアビジンバイオセンサーは、より厳密なアッセイ精度要件を備えた、ダウンストリームの創薬や規制環境におけるアプリケーション向けに特別に開発され、認定されています。

 


アプリケーションノート15

このアプリケーションノート15は、Mab定量のためのプロテインA BLIアッセイが大幅なコストと時間の節約で、HPLCに匹敵する正確さと正確さを提供することを示しています。

 


Octet HTXシステム

Octet HTXシステムを使用すると、2分で96個のサンプルを定量し、数時間ではなく数分で全プレートカイネティクススクリーニングを実行し、数週間ではなく数日で完全なエピトープバイニング研究を実施できます。
同時に8、16、32、48、または96ウェルの読み取り方法で、最大のスループットまたは感度についてアッセイを実行します。

 


世界中で開催されるワークショップ

あなたの近くの街にやってくる、私たちの世界規模のワークショップにご参加ください。
バイオ分子研究、バイオ医薬品開発、およびバイオプロセッシングにおける業界および学術の専門家による、ラベルフリーアッセイおよびアプリケーションの最新の進歩について学ぶ事が出来ます。

 


ANTI-FLAGバイオセンサー

SigmaのANTI-FLAG®M2抗体で固定化されたAnti-FLAG Biosensorは、タンパク質を化学修飾することなく、FLAGタグ付き組み換えタンパク質の直接定量と速度論的特性解析を可能にします。

 


ANTI-HIS (HIS2) バイオセンサー

Anti-HIS(HIS2)バイオセンサーは、メインバイオテクノロジーサービス(MBS)の次世代の高親和性、高特異性のAnti-HIS抗体で、HISタグ付きタンパク質の直接捕捉および定量を目的にあらかじめ固定化されています。

 


バイオ医薬品ポータルサイト

BioPharm Portalでは、ForteBioのOctetおよびBLItzシステムを使用した最新の研究を最新の状態に維持しております。
バイオ医薬品アプリケーション分野ごとに科学出版物を閲覧することができます。

 


PROTEIN L バイオセンサー

プロテインLバイオセンサーは、タンパク質全体、FAbフラグメントおよび単鎖可変フラグメントを含む広範なカッパライトチェーン含有免疫グロブリンを緩衝液、ならし培地または複合マトリックスから定量する迅速で直接的な方法です。バイオセンサー上に固定化された組換えプロテインLは、プロテインAおよびGの両方よりも広い範囲の抗体クラス(IgG、IgM、IgA、IgEおよびIgDを含む)を認識します。プロテインLは、血清サプリメントを汚染することが多いウシ免疫グロブリンに結合しないので、プロテインLバイオセンサーは、血清ベースの培養物からの抗体および抗体フラグメントを定量するために特に有用です。

 


ANTI-HUMAN FAB-CH1 バイオセンサー

Anti-Human Fab-CH1バイオセンサーは、ヒトIgGのCH1ドメインに特異的に結合し、遊離ライトチェーンに対する認識なしに、ヒトFab、F(ab ‘)2、およびIgGの定量および速度論的特性評価を可能にします。これは、定量およびカイネティクアプリケーションの両方に適しており、研究者はヒトFab、F(ab ‘)2、およびIgGをすばやく簡単に検出および定量し、他の検体との親和性測定のが可能になります。 BLItzプラットフォームによって提供される使いやすさ、またはOctetシステムによって提供されるハイスループット性能と組み合わせることで、Anti-Human Fab-CH1バイオセンサーはラボのワークフローを大幅に加速し、短時間で結果を得る事が可能です。バイオセンサーは、pH 1.7の10 mMグリシン溶液を使用して簡単に再生できます。

 


Octet384シリーズ

ForteBioのOctet RED384システムは、ハイスループット、ラベルフリーの生体分子定量および速度論的キャラクタリゼーション用に設計されており、タンパク質定量のための広いダイナミックレンジを備えています。正確な濃度、速度定数、タンパク質 – タンパク質、低分子 – タンパク質、その他の高速結合相互作用の親和性データを、すべてDipとRead操作で簡単に入手できます。 Octet RED384システムはセットアップが簡単で、ロボット工学と組み合わせて使用​​する事でアッセイに完全な無人操作を提供します。高度な定量モジュールは、サブng / mLに対する定量感度を高めます。データあたりのコストが最も低いため、ラベルフリーの定量とカイネティクスをこれまで以上に多くのラボで利用できます。


Octet QKeシステム

Octet QKeシステムは、初代Octet QK機器の高性能版になります。 2つのサンプル取得レート設定とより高性能なスペクトロメーターが組み合わさり、定量化と速度論的分析のためにより高い感度と広いダイナミックレンジを有します。さらに、バイオセンサーの再ラッキングは、アッセイを実行するための柔軟性と運用コストの削減をもたらします。

 


Ni-NTA (NTA) バイオセンサー

Ni-NTAバイオセンサーは、HISタグ付きタンパク質の直接定量と、結合パートナーを用いたカイネティクス分析のための捕捉を容易にします。

 


Anti-GST (GST) バイオセンサー

グルタチオン−S−トランスフェラーゼ(GST)は、検出、精製および溶解度の向上を容易にする手段として、一般に組換えタンパク質に融合されている。抗GSTバイオセンサーは、ForteBioバイオセンサー上に予め固定化された高親和性抗GST抗体が担持されています。 Octet Systemで使用する事で、抗GSTバイオセンサーはGSTタグ付きタンパク質の定量および速度論的分析用途での迅速なラベルフリーの方法を提供します。抗体ベースのバイオセンサーの高い特異性は、粗ライセート、カラム溶離液、細胞ライセートおよび細胞培養上清中のGSTアナライトの直接分析を可能にし、伝統的な分析方法に代わる時間節約になります。

 


BLItzシステム

BLItzシステムは、一滴のサンプルでラベルフリーアッセイが可能です。このコンパクトなパーソナルアッセイシステムを使用して、タンパク質の存在を確認、定量、結合反応速度を分析し、そしてイムノアッセイを開発します。

 


Dip and Read残留プロテインA検出キット

Dip and Read残留プロテインA検出キットには、バイオセンサー、プロテインA、またはカラム画分中のMabSelect SuReなどのバイオシミラーを定量するために必要なすべての試薬が含まれています。Dip and Read残留プロテインA検出キットは、この重要なテストに必要な感度と精度を最小限のハンズオンタイムと使いやすいプロトコルと共に提供します。

 


アミン反応性次世代(AR2G)バイオセンサー

AR2Gバイオセンサーは、多くのタンパク質に対応するオリジナルのアミン反応性(AR)バイオセンサーと比べ、カイネティクスアッセイの性能を向上させた、生体適合性表面マトリックスです。 AR2Gは、ローディング(リガンドの固定化)および会合(分析物の検出)の両方のアッセイステップにおいて、同じ信頼性のあるカイネティクス値を提供しながら、ARバイオセンサーよりも高いシグナル強度を日常的に達成します。 ARと比較したAR2G表面への非特異的結合事象の減少も同時に証明されています。

 


Octet RED96システム

ForteBioのOctet RED96システムは、多機能のラベルフリーリアルタイム分析機器です。タンパク質や他の生体分子の濃度を迅速に測定したり、速度論や親和性を測定したり、タンパク質 – タンパク質およびタンパク質 – 低分子間相互作用をスクリーニングするのに理想的な商品です。 Octet RED96は、IgGおよびその他のタンパク質価、バイオプロセス開発、品質分析、粗抗体スクリーニング、エピトープバイニング/マッピング、リガンド結合アッセイ、低分子およびフラグメントのスクリーニングと分析、細胞シグナル伝達メカニズムの解明など、幅広い分析に応用できます。HPLC、ELISA、その他の多目的マイクロフルイディクス機器を、独自の最先端のタンパク質分析システムに置き換えて、作業を迅速化、簡素化します。

 


ANTIーPENTA-HIS(HIS)バイオセンサー

6-ヒスチジンまたはペンタ – ヒスチジンペプチドタグ(HIS-タグ)は、クローニング中に組換えタンパク質に融合した一般的なペプチドタグである。タグ化タンパク質の容易な検出および精製のためにタグの使用を可能にする多くのツールが開発されてきました。 Octetシステムで使用するAnti-Penta-HISバイオセンサーは、HISタグ付きタンパク質を定量するための迅速でラベルフリーの手法を提供します。このバイオセンサーは、表面にあらかじめ固定化された非常に特異的なQIAGEN Penta-HIS抗体が付属しており、HISタグ付きタンパク質の特異的検出と定量に直ぐに使用できます。