Assay Development

この文章は自動翻訳により作成されています。

評価法の開発


従来のフローセルやELISAの技術を用いる場合、プロジェクトのスケジュールとワークフローは、各タンパク質毎に必要なアッセイ開発の量により悪影響を受けます。限られた処理速度、微細流路または連続希釈によるサンプルの制約、並行処理、そして特にELISA、適切な捕捉および検出抗体の同定など、いくつかの要因がアッセイ開発を遅らせます。


これとは対照的に、Octet®シリーズの機器は、反応速度論およびカスタムしたタンパク質定量アッセイにおけるメソッド開発を容易にします。 8チャンネル並列処理により、複数の条件または分子タイプを直接比較することができ、アッセイ開発プロセスが合理化されます。


pH探索

理想的な固定化pHは、タンパク質の等電点(pI)よりわずかに低い。 pIが未知である場合、pH探索実験は、リガンドをアミン反応性バイオセンサー表面に効果的に固定化する最適pHを迅速に決定することができます。データを、ネガティブコントロールに対する最大シグナルについて調べます。



アミンカップリング試薬キットを使用して、HAタグ付きGST(10 µg / mL)を100 mM MESバッファー(pH 4.5、5、6)で調製し、Octet QKシステムを使用してアミン反応性バイオセンサーに固定しました(図1)。固定化リガンドに対する相互作用抗体(20nM)の会合および解離を評価しました。 pH 5のサンプルは、他の条件と比較して、ローディングと会合の両方のステップで最大のシグナルを示し、動態解析の条件として選択されました。


試薬のバッファー選択



  


Octetシステムにおける再生とは、固定化タンパク質によるバイオセンサーチップの再使用を可能にする事です。図2aは、並行して評価された8つの再生緩衝液のリアルタイム結合図を示します。各組の8つのバイオセンサーは再生され、そして他の相互作用分析のために再利用されました。図2bは、再生リガンド表面へのタンパク質の回収率を示します。繰り返し再生した後に100%近い回収率を示す再生条件は、さらなるアッセイ開発のための良い実験条件の候補になります。再生試薬を並行して試験可能な事は、目的のタンパク質についての迅速なアッセイ開発時間を提供できます。