Applications Overview

この文章は自動翻訳により作成されています。

Applications Overview


ForteBioのOctet®およびPioneerシリーズは、ライフサイエンス分野の基礎研究からバイオ医薬品開発製造における広い分野で、生体分子間相互作用のリアルタイム測定を提供しています。
この装置の分析対象は幅広く、タンパク質-タンパク質、タンパク質-核酸、タンパク質-低分子の相互作用、およびウイルスなどの巨大分子も測定対象になります。

OctetとPioneerシリーズはこれまでに無い使い易い操作で、既存のラベルフリーメソッドの限界を超え研究者のワークフローを加速します。
効率的な開発研究と生産に欠かせない幅広いアプリケーションに対応し、確かで包括的な特性解析を得る事が出来ます。

 

 

Kinetic Apps Octet Instruments

 

 

Figure 1: ForteBio offers solutions with wide fit within the discovery and development process.

 

創薬研究におけるハイスループット分析の要求に応える為に、Octetシリーズはマイクロ流路を排除し、完全に自動化された堅牢な手法で多数の分子間相互作用の同時モニタリングを可能にするシンプルなDip and Readメソッドを設計しました。 Octetシステムでは、多数の異なる分子間相互作用を迅速に分析し、正確な速度論および親和性情報を取得し、複雑なサンプルマトリックス中の目的タンパク質の濃度を決定できます。  2チャンネルのOctet K2からほかに類のない96チャンネルのOctet HTXまで、Octetシリーズは創薬研究と開発プロセスのさまざまな段階で幅広い用途に対応しています。例えば、抗体、組換えタンパク質、DNA、RNA、ウイルス様粒子(VLP)の固定化を可能にする広範囲のリガンド捕捉表面を備えたOctetプラットフォームは、広範囲の生体分子間相互作用研究に必須の実験ツールとなっております。

Pioneerプラットフォームは、低分子化合物-タンパク質間相互作用の生物物理学的特徴付けを可能にするダイナミックインジェクションSPR(diSPR®)機能を組み込んだ高感度システムです。フラグメントスクリーニング分析は、一次スクリーニングからフラグメントの親和性を決定するdiSPRメソッドやOneStep®によって合理化され、機器と分析者の数週間の時間を節約します。Pioneerシステムは、低分子間相互作用について、より多くの情報をより短時間で提供する事が可能で、創薬研究における革新的なツールになります。


Kinetic characterization data

カイネティクス特性解析データ

結合速度および解離速度や親和性定数を導き出す生体分子間相互作用の速度論的特性解析は、創薬研究において薬の開発および製造を通して可能性のある物質のスクリーニングおよびセレクションにとって重要な作業です。この研究において粗精製マトリックス中の標的分子を検出する事が可能なDip and readラベルフリー技術を利用した、Octet及びBlitz に代表されるForteBioのBLIシステムは頑強でかつ操作の習得が容易です。フローセル技術を用いたシステム特有の制限は無く、類似のラベルフリー技術よりも高いスループット性能を提供する分析手法で、カイネティクス解析を可能にします。さらに注目すべき点は粗精製マトリックスを含む多様なバイオ医薬品間の相互作用を分析する事も可能です。

Dip and Read ELISA

Dip and Read™ ELISA

業界をリードするラベルフリー分析として注目されているDip and Readと使いやすさを備えたOctetプラットフォームは、ELISAを使用して現在行われているアッセイに代わる優れた製品です。 ELISAのさまざまな結果、ヒューマンエラーに対する感受性、労働集約的なワークフロー、および結果が分かるまでの時間の長さは、ユーザーの利便性を損ねます。業界をリードするラベルフリーのDip and Readフォーマットと使いやすさを備えたOctetプラットフォームは、ELISAを使用して現在行われているアッセイに代わる優れた製品です。 Octetシステムの優れた精度は、サンプルあたりの複製数を減らし、Octet K2、Octet RED96e、Octet RED96、Octet RED384、Octet HTXなどの高感度機器は、広いダイナミックレンジを提供し、基本的にサンプル希釈を必要としません。


Protein quantitation data

バイオプロセスにおけるタンパク質定量

抗体および他のタンパク質の濃度を正確に決定することは、医薬品開発段階において細胞株の選択および抗体産生の最適化にとって重要である。
迅速に結果を得る事は、HPLCやELISAなどの既存の方法では達成できないプロセス効率と生産性を向上させます。

Small molecule data

低分子化合物のデータ・低分子化合物および小さなペプチド

パイオニアFEシステムは、diSPR技術、OneStepを使用して低分子分析に焦点を当てたスクリーニングおよび特性解析の両方を可能にします。 OneStepは、1回のグラジエント注入から結合相互作用の速度論と親和性を決定できます。高感度なPioneer FEとOneStep / NeXtStep™テクノロジーを組み合わせることで、PioneerFEは低分子創薬に欠かせないシステムになります。 Octet RED96e、Octet RED384およびOctet HTXシステムは、SPRと同等の高感度を提供し、習得および操作が容易な柔軟なDip and Readプラットフォームで低分子の分析を可能にします。

 

Assay development data

アッセイ開発

Octetシステムは、速度論的特徴付けおよびプロセス開発中に最適なアッセイ条件を選択出来るように、分析者が異なる条件を迅速にスクリーニングすることを可能にします。大規模なアッセイに進む前に効率的なアッセイの最適化を実行することで、時間、材料、および費用を節約できます。微細流路を使用せず8〜16チャンネルのパラレル分析を行うことで、最小限のサンプル精製および調製で、多数の条件をアッセイすることができます。


Literature References

References to ForteBio’s products in published literature.