SpectraMax Lマイクロプレートリーダー

アップグレード可能なプラットフォームで高感度にグローおよびフラッシュ発光を検出します。

SpectraMax® Lマイクロプレートルミノメーターで未来への道を踏み出してくださいデュアルルシフェラーゼレポータージーン、エクオリンを介したGタンパク質共役型受容体(GPCR)研究、 BRET、そして、アクリジニウムエステルフラッシュアッセイといったフラッシュおよびグローアッセイを、96ウェルおよび384ウェルプレートのどちらでも測定できます。スケールアップの必要ができた場合、SpectraMax Lのマルチチャンネル構成のアップグレードオプションにより、処理量を最大6倍に向上させることができます。CD-ROMにて提供されるSoftMax Pro GxPソフトウェアおよびそのソフトウェアバリデーションパッケージにより、FDA 21 CFR Part 11およびGxP準拠要件を満たすことができます。

利点

  • 0.2 fgホタルルシフェラーゼ(グロー)または20 amol ATP(フラッシュ)までの高感度発光検出で、より低い検出限界でアッセイを実施します。
  • 手動または自動の光学アパチャー切り替えによりシグナルの識別が向上し、96ウェルと384ウェルどちらのプレートフォーマットでも最低限のクロストークで測定が可能です
  • デジタルフォトンカウントとアナログ検出を同時に行うことで、測定可能なダイナミックレンジを9桁まで拡大し、幅広い強度のシグナルを取得できます。

アップグレード可能なオプション

  • 検出器を複数搭載することで、さらなる処理量の向上が可能です。
  • デュアルインジェクターシステムでデュアルルシフェラーゼレポーター遺伝子アッセイに対応します。アクリジニウムエステルのような非常に高速なフラッシュアッセイにも対応可能です。
  • 波長ピークを分離するためのオプションフィルターでBRETアッセイに対応します。
  • StakMaxマイクロプレートスタッカーと組み合わせてシームレスな自動化が可能です。
  • 購入後に検出器やインジェクターを追加することで、ラボのニーズに合わせて機器をアップグレードできます。

完全なシステム

  • 室温から45°Cまでの一貫した温度制御により、温度に敏感な反応を監視して制御します。
  • 4つの特許取得済み混合モードを含むプログラム可能な自動混合機能により、マイクロプレートウェル内でサンプルを完全に混合します。
  • 従来のシリンジ注入システムに比べてメンテナンスが少なく、シャットダウン時のオートリンスが可能な高度なペリスタポンプ式インジェクターを採用しており、インジェクターのメンテナンスを削減します。

包括的なプレートリーダーのバリデーション

モレキュラーデバイスのマイクロプレートリーダーでは、ユーザーの様々なハードウェアおよびソフトウェアのバリデーションのニーズを満たすために非常に多様なツールを用意しております。モレキュラーデバイスは、以下により完璧なソリューションを提供します:

  • 吸光、蛍光および発光モードのハードウェアのバリデーション用のSpectraTest ABS1、FL1およびLM1バリデーションプレート
  • SoftMax® Proソフトウェアバリデーションパッケージ
  • FDA 21 CFR Part 11に準拠したソフトウェアツール