SpectraMax iD3マルチモードプレートリーダー

パーソナライズされたプラットホーム上で比類なきパフォーマンス。他に類を見ないプレートリーダー。

  SpectraMax® iD3 マルチモードマイクロプレートリーダーは研究の限界を広げるのに役立つ完全なラボソリューションの礎石です。最適化された試薬と業界先進のデータ取得および解析ツールであるSoftMax® Pro 7 ソフトウェアとともに、SpectraMax iD3 はユーザーのニーズを完全に満たすようにワークフローをカスタマイズできます。

  • Overview
  • Compatible
  • Specifications
  • Resources
  •  

    大型タッチスクリーン

    SpectraMax iD3は大型の高解像度タッチスクリーンを備え、ソフトウェアパッケージも搭載しています。これらの特徴によって、専用のコンピューターワークステーションを必要とすることなく、カスタムプロトコルの設定や設定済みプロトコルの利用、そして、実験が可能です。
  • パーソナライズされたワークフロー

    近距離通信(NFC)リーダーを搭載したことで、ワンタッチでカスタムプロトコルを呼び出せるため、貴重な時間を節約できます。NFCタグと個別のユーザープロファイルをペアリングすると、大量のファイルをスクロールすることなく、プロトコルや実験結果へのパーソナライズされたアクセスが可能です。
  • 感度の向上

    優れた光学システムにはキセノンフラッシュランプが搭載され、− 5°Cまでの超冷却光電子増倍管(PMT)によってバックグラウンドノイズを低減したことで、最高の感度と広いダイナミックレンジを達成しました。
  • フレキシブルな温度制御

    シンプルで使いやすい温度制御機能によって、室温から65°Cまでの範囲で実験環境を調整できます。研究室で対応できる実験の範囲が広がり、温度感受性アッセイにも対応可能です。
  • 必要なデータを必要な場所で

    データは、大きなタッチスクリーンインターフェースに素早く表示したり、任意のプログラムで解析するためにUSBドライブへエクスポートしたり、業界を牽引するデータ取得・解析ツールであるSoftMax Pro 7ソフトウェアを用いて分析したりできます。QuickSyncテクノロジーによって、他の研究に従事するために装置から離れることも可能です。データはワークステーションに自動的に送信されるため、装置から物理的にデータを回収する必要はありません。
  • すべての研究ニーズにこたえる完結したソリューション

    オービタル(環状)または8の字状での振盪、高効率グレーティングを用いた4つのモノクロメーター光学経路、20 × 20までの測定マトリックスでのウェルスキャン、スペクトルスキャン、そして、6~384ウェルプレートフォーマットの検出を特徴とするSpectraMax iD3は、すべての研究ニーズに対応する完全なソリューションです。
  • フラッシュタイプの発光アッセイも簡単に測定

    高精度な実験を行うために、プレート全体にわたって均一な撹拌を確実なものとするSmartInject™テクノロジー。この技術を採用したSpectraMax iD3インジェクターシステムを搭載することで、デュアルルシフェラーゼアッセイやATP アッセイのようなフラッシュタイプの発光アプリケーションにも対応し、ラボの可能性を拡大することができます。高いパフォーマンスを実現するために設計されたデュアルインジェクターシステムは、あらゆる検出モードに対応しており、また、貴重な試薬を節約できるオーバーフロー防止機能などの安全機能により、ラボにおける重要な実験のパフォーマンスを最大化します。
  • SoftMax Pro 7ソフトウェア

    SoftMax® Proソフトウェアは、最も広く公開されているマイクロプレートリーダー制御およびマイクロプレートデータ解析ソフトウェアパッケージで、科学者の皆様にご利用いただけます。設定済みプロトコル、解析アルゴリズム、21種類の回帰分析が搭載された包括的なパッケージによって、データ収集から解析、そして公開まで、すべてのソリューションを提供します。SoftMax Pro GxPソフトウェアでは、FDA 21 CFR Part 11適合ツールによって、規制条件下の研究室における完璧なソリューションをもたらします。バリデーションのコストを最小化し、他の解析ソフトによるバリデーションの必要性をなくします。
    SoftMax Pro 7ソフトウェアのパンフレットをダウンロードするにはこちらをクリックしてください>>

COMPATIBLE SOFTWARE:

SoftMax Pro 7ソフトウェア

SoftMax® Proソフトウェアは、最も広く公開されているマイクロプレートリーダー制御およびマイクロプレートデータ解析ソフトウェアパッケージで、科学者の皆様にご利用いただけます。設定済みプロトコル、解析アルゴリズム、21種類の回帰分析が搭載された包括的なパッケージによって、データ収集から解析、そして公開まで、すべてのソリューションを提供します。SoftMax Pro GxPソフトウェアでは、FDA 21 CFR Part 11適合ツールによって、規制条件下の研究室における完璧なソリューションをもたらします。バリデーションのコストを最小化し、他の解析ソフトによるバリデーションの必要性をなくします。

SoftMax Pro 7ソフトウェアのパンフレットをダウンロードするにはこちらをクリックしてください>>

COMPATIBLE ASSAY KITS: 

CatchPoint cAMP Fluorescent Assay Kit
CatchPoint cGMP Fluorescent Assay Kit
EarlyTox Cardiotoxicity Kit
EarlyTox Cell Viability Assay Kits
FLIPR Calcium Assay Kits
FLIPR Membrane Potential Assay Kits
FLIPR Potassium Assay Kit
Neurotransmitter Transporter Uptake Assay Kit
QBT Fatty Acid Uptake Assay Kit
SpectraMax Glo Steady-Luc Reporter Assay Kit
SpectraMax Quant dsDNA Assay Kits
技術仕様
全般的な仕様
寸法 53.2(幅)× 59.8(奥行)× 40.1(高) cm
重量 40 kg
電源 100-240 VAC、2A、50/60 Hz
ロボティクス対応 対応可能
全般的な性能
対応プレート 6 ~ 384 ウェルプレート
光源 キセノンフラッシュランプ
測定対象 マイクロプレート、キュベット (要アダプタ)
検出器 光電子増倍管およびフォトダイオード
振盪機能 オービタル(環状)または 8 の字状
温度制御 (室温+5) ℃ ~ 65℃
温度均一性 ± 0.75℃
温度正確性 ± 1℃( 37℃ 設定時)
   
スペクトルスキャン 吸光、蛍光、発光
エンドポイント測定 吸光、蛍光、発光
カイネティック測定 吸光、蛍光、発光
ウェルスキャン すべてのモードで 20 × 20 以上
波長選択 1.0 nm 刻み
標準測定時間 (分:秒)
  96 ウェル 384 ウェル
吸光 0:25 1:25
蛍光強度 0:17 0:53
発光 0:26 1:01
吸光光学性能
波長範囲 230-1000 nm
波長帯域幅 4.0 nm
波長正確性 ± 2.0 nm
波長再現性 ± 1.0 nm
光学範囲 0-4.0 OD
光学解像度 0.001 OD
光学正確性 < ± 0.010 OD ± 1.0%, 0-3 OD
光学再現性 < ± 0.003 OD ± 1.0%, 0-3 OD
迷光 <0.05% @230 nm
蛍光強度性能
波長範囲 250-850 nm
波長選択 1.0 nm 刻み
ダイナミックレンジ > 6 桁
最適化済み上方測定感度(フルオレセイン)
96ウェル 1 pM
384ウェル 1 pM
最適化済み下方測定感度(フルオレセイン)
96ウェル 2 pM
384ウェル 2.5 pM
発光性能
波長範囲 300-850 nm
波長選択 すべての波長の同時検出または
1.0 nm 刻みの選択
ダイナミックレンジ > 7 桁
クロストーク < 0.1% (白色 96 ウェルプレート)
< 0.2% (白色 384 ウェルプレート)
最適化済み測定感度( ATPグロー)
96ウェル 2 pM
384ウェル 4 pM

① 65℃設定時は、最低でも室温 25℃は必要

② 蛍光測定は積算時間 10 msec、発光測定は 96 ウェルプレートで積算時間 100 msec、384 ウェルプレートで積算時間 40 msec にて測定

SpectraMax iD3チュートリアルビデオの閲覧

【1】SpectraMax iD3マルチモードマイクロプレートリーダーについてご紹介します

SpectraMax iD3マルチモードマイクロプレートリーダーの特徴と利点の概要をご確認ください。

【2】SpectraMax iD3マルチモードマイクロプレートリーダーのパーソナライズ

SpectraMax iD3マルチモードマイクロプレートリーダーのパーソナライズの方法をご覧ください。保存済みプロトコルと実験結果の呼び出しを簡略化するには、ユーザープロファイルを作成してNFCタグと関連づけます。

【3】SpectraMax iD3マルチモードマイクロプレートリーダーで測定を開始

高解像度タッチスクリーンインターフェースから簡単・迅速に測定を開始する方法をご覧ください。

【4】SpectraMax iD3マルチモードマイクロプレートリーダーで結果を閲覧

SpectraMax iD3マルチモードマイクロプレートリーダーで実験結果を簡単・迅速に確認する方法をご覧ください。