FLIPR Tetraハイスループットカイネティックセルベースアッセイシステム

様々なカイネティックアッセイに対応する、フレキシブルなシステム設計

  • 蛍光または発光モードの切替が可能です。
  • 蛍光および発光モードで、一波長または二波長のレシオメトリックアッセイが可能です。
  • システム購入時に蛍光専用または蛍光・発光両用のカメラが選べます。
  • ユーザーで96・384・1536ピペッターヘッドの交換が可能です。
  • Dispense Height やDispense Speedの設定により、一層の細胞シートをはがすことなく、浮遊細胞でも効果的なミックスが可能です。
  • 光源のLEDモジュールがユーザーで交換可能で、様々なアッセイに柔軟に対応できます。
  • ドラッグアンドドロップのソフトウェアインターフェイスにより、マルチステップのアッセイプロトコルを手軽に作成できます。
  • 最大4種類の洗浄液で、チップを自動洗浄できます。
  • 複数プレートのTime-sequenceおよび解析結果を、一括でエクスポートできます。データはExcelやSpotfire等で解析可能です。

  • Overview
  • Applications
  • Software
  • Specifications
  • Resources

マルチチャンネルピペッターによる全ウェル同時分注、LED光源によるプレート全面照射、CCDカメラによる全ウェル同時測定が可能な、カイネティックセルベースアッセイシステムです。

マルチチャンネルピペッターは高い分注精度を有し、フレキシブルな分注設定によりきめ細やかなミキシングの最適化が可能です。ユーザーによる交換が可能で、アッセイフォーマットを96、384および1536ウェルに変更できます。2組のLED光源により適度な光照射が可能で、照射回数の多いカイネティックアッセイにおける色素退色を防止します。また、バックグラウンドを抑制するため、プレートに対して斜めから光照射する構造を有しています。ユーザーによるLEDモジュール・フィルタの交換が可能で、フレキシブルに測定波長を切り替えることができます。細やかな感度調節が可能なCCDカメラは、蛍光・発光の両アッセイに対応しています。またカメラスピードは、心筋オシレーションおよび神経発火のモニターに対応しています。

 

  • FLIPRで最適化された蛍光試薬で、ハイパフォーマンスのアッセイが可能です。
  • ソフトウェアでプレートリードしながらの化合物分注が設定可能で、細胞内カルシウムイオンアッセイのようなファストカイネティックアッセイに対応します。
  • ソフトウェアのメイン画面で、測定中にカイネティックトレース、測定直後にドーズレスポンスカーブおよびZファクターが確認できます。
  • ソフトウェア画面には、自動認識したシステム構成のみ表示されるため、プロトコル作成でミスをするリスクがありません。
  • プロトコル作成時、最大4種の洗浄液を使用したチップ洗浄を設定することが出来ます。
  • FLIPR Tetra Cyclerにより、ロボットシステムの接続が可能です。マイクロプレートおよびチップの自動交換ができます。
  • 細胞サスペンジョンシステムは撹拌速度、吸引、排出の調節が可能であり、様々なタイプの細胞に対応できます。
  • 細胞サスペンジョンシステムにより、イクオリンアッセイで化合物プレートが不要です。
  • ゴム弾性テクノロジーを採用した1536ピペッターにより、化合物や細胞の正確な分注が可能です

本体の機能を最大化する試薬・ソフトウェア・オプションシステム

  • FLIPRで最適化された蛍光試薬で、ハイパフォーマンスのアッセイが可能です。
  • プレートリードしながら化合物分注が可能で、細胞内カルシウムイオンアッセイのようなファストカイネティックが可能です。
  • ソフトウェアのメイン画面で、測定中にカイネティックトレース、測定直後にドーズレスポンスカーブおよびZファクターが確認できます。
  • ソフトウェア画面には、自動認識したシステム構成のみ表示されるため、プロトコル作成でミスをするリスクがありません。
  • プロトコル作成時、最大4種の洗浄液を使用したチップ洗浄を設定することが出来ます。
  • FLIPR Tetra Cyclerにより、ロボットシステムの接続が可能です。マイクロプレートおよびチップの自動交換ができます。
  • 細胞サスペンジョンシステムは撹拌速度、吸引、排出の調節が可能であり、様々なタイプの細胞に対応できます。
  • 細胞サスペンジョンシステムにより、イクオリンアッセイで化合物プレートが不要です。
  • ゴム弾性テクノロジーを採用した1536ピペッターにより、化合物や細胞の正確な分注が可能です。

 

当社では、FLIPR Tetraシステム用に最適化された豊富なアッセイキットをご用意しています。

The FLIPR Tetra System supports numerous assay categories including:

  • GCPR assays: Calcium assay kits, Fura 2 QBT Calcium Assay Kit, LiveWare, Transfluor, cAMP assay
  • Ion channel assays: Membrane potential assay, Calcium assay, Potassium assay
  • Enzyme assay: cGMP assay
  • Transporter assays: Neurotransmitter transporter assay, Fatty acid uptake assay
  • Cardiotoxicity assays
FLIPR Tetra System utilizes Molecular Devices ScreenWorks® System Control Software to define and run experimental protocols. Using a drag-and-drop interface, protocols can be easily set up to include:
  • Fluorescent or luminescent read modes
  • Simultaneous transfer of 96, 384, or 1536 liquid or cells in suspension
  • Complex quadrant, multiple aspirations, or multiple dispensing liquid handling
  • Single or ratiometric kinetic cell-based reading
  • Tip washing with up to two solvents
  • Cell suspension delivery with automatable cleaning protocols
  • Simple-to-create automation protocols
ScreenWorks Software is both flexible and user-friendly. During protocol set-up, only relevant options are displayed, based on the installed fluidics and optics hardware, making it easy to choose parameters that are right for each assay. Live and information-rich data in 96-, 384- or 1536-well plate format is displayed while testing. Specific wells can be grouped for analysis or data export purposes. Graphs and tables can be easily copied and pasted into documents, presentations or worksheets, and different reductions can be selected for group statistics, making results readily accessible.
General Specifications
Dimensions (in.) 39 (W) x 70 (H) x 27 (D)
Dimensions (cm) 99 (W) x 178 (H) x 69 (D)
Weight (approx.) 850 lbs. (386 kg)
Power consumption 600 VA
Power Source 90-240 vAC, 50-60 Hz
Operating system Windows XP or Windows 7
Excitation Optics
Source Light-emitting diodes (LED) or no source
Wavelength range* 335-626nm*
Calcium (default) 470-495nm
Membrane potential 510-545nm
Voltage sensor probes 390-420nm
Fura 335-345nm 380-390nm

* For complete details on the wavelengths addressed, please follow this link.

Emission Optics
Camera Type EMCCD ICCD
Detection Fluorescence Luminescence Emission Optics Fluorescence
Mode Cooled CCD camera Intensified CCD camera:
Frame transfer operation Regulated through software interface FI compatible with existing optics combinations*
Fluorescence sensitivity with Z’ ≥ 0.5 (whole plate) 5 nM fluorescein 5 nM fluorescein
Luminescence sensitivity 5,000 M5 AequoZen FroZen cells in 384-well format with Z’ ≥ 0.5
Dynamic Range 4.8 log (1 measurement) 6.9 log (2 measurements)
Data acquisition rate 7 Hz 8 Hz
Ratiometrics Up to 4 EX/EM pairs per experiment Up to 4 EX/EM pairs per experiment
Data acquisition rate for ratiometric emission 2 Hz (2EX/EM pairs) 2 Hz (2EX/EM pairs)

 

* For complete details on the wavelengths addressed, please follow this link.

Emission Filters
3-position filter slider Filter wavelength ID
Wavelength range* 400-750 nm
Calcium (default) 515-575 nm
Membrane potential 565-625 nm
Voltage sensor probes 440-480 nm
565-625 nm
Fura 475-535 nm

* Based on product configuration

Fluidics
Simultaneous transfer 96, 384 and 1536
96 pipettor head Range 5-200 μL
Precision @75 μL 3% CV
Pipetting increments 1 μL
384-Well pipettor Range 1-25 μL
Precision @ 25 μL 4% CV
Pipetting increments 0.5 μL
1536-Well pipettor Range 0.5-3 μL
Precision @ 3 μL 6% CV
Precision @ 1 μL 10% CV
Pipetting increments 0.1 μL
Quadrant transfer 96 pipettor head 384-well plate
384 pipettor head 1536-well plate
Plate Stage

Plate Stage: Four positions in addition to tipwash station

Throughput† 20 plates/hour
(2-minute read time)
96-well 1,920 data points/hour
384-well 7,680 data points/hour
1536-well 30,720 data points/hour
†1 read plate, 1 source plate and 1 tip rack
Bar code manual mode Keyboard entry
Bar code manual mode Short or long side
Temperature control Ambient +5°C to 40°C
Cell Suspension System

This option consists of a user-installable cell reservoir and an external cell module for flask storage, light protection and mixing. Cells are re-circulated to the spinner flask to minimize cell volume used.

Cell reservoir Autoclavable
Compatible formats 96, 384, and 1536
Stir flasks available 250 mL, 0.5 L, 1 L, 3 L

Related Collateral

Brochures/Datasheets

Applications


Posters
Publication
Related eBooks
Related Webinars
  • Optogenetics and the FLIPR: how to use light to set up a Cav1.3 high-throughput screening assay
  • Developing an in vitro Tl+ flux assay for potassium channel agonist identification
  • Innovative assays for the FLIPR Tetra System
  • Novel in vitro assay tools for cardiac toxicity and discovery
  • Latest advances in calcium flux assays

Related eBooks