FlexStation 3マルチモードマイクロプレートリーダー

幅広いアプリケーションに対応可能な5モードリーダーです。

The FlexStation® 3の光学系は、モード変更により様々なアッセイに対応できる設計になっています。しかも各モードはシングルモードリーダーと同等のパフォーマンスを有しています。5モードリーダーのSpectraMax M5eをベースにしたシステムであり、吸光、蛍光、発光、蛍光偏光、時間分解蛍光など複数のアプリケーションに対応しています。1 nm刻みの波長設定が、デュアルモノクロメータにより可能です。そのため、高価な帯域フィルターをアッセイ毎に変更する必要がありません。

自動マルチチャンネルピペッターと5モードリードで、多様なバイオケミカル・細胞ベースアッセイを可能にします

FlexStation® 3は、マイクロプレートの上方および下方からリードするデュアル光学系により、吸光、蛍光、発光、蛍光偏光および時間分解蛍光の5モードの測定が可能です。 更に他のリーダーにはないユニークな特徴があります。つまり8ウェルまたは16ウェルに同時分注が可能な自動マルチチャンネルピペッターと、マルチモード対応の光学系が一体化しています。そのため分注誤差が小さい、自動化したバイオケミカル・細胞ベースアッセイが可能です。化合物や試薬はソースプレートのウェルからアスピレートされ、リードプレートに同時分注されます。そのため一般のインジェクターでは困難な、多種化合物・多濃度のアッセイが可能です。アッセイプロトコル制御のマルチピペッターと、5モード対応の光学系の組み合わせにより、迅速応答カイネティックをはじめとする様々なアッセイ開発が可能です。

フレキシブルな試薬トランスファーにより、多彩な条件でアッセイが可能です。

  • 8または16チャネルピペッターを搭載したFlexStation 3では、インジェクタ搭載システムには無い、フレキシブルな試薬トランスファーが可能です。ユーザーは試薬ごとに濃度を規定し、ソースプレートの各ウェルに入れます。そしてマルチチャンネルピペッターが、ソースプレート中の試薬を96または384の各ウェルからリードプレートに同時にトランスファーします。

光学系・液体トランスファーシステムのバリデーションが可能です。

システムの光学特性の最適化ツールとして、SpectraTest®吸光度およびSpectraTest蛍光バリデーションパッケージが利用可能です。液体トランスファーシステムのバリデーションでは、特許のPathCheck®機能を用いて、8および16チャンネルピペッターの分注精度の評価が可能です。バリデーションツールは、SoftMax® Proソフトウェア中の専用プロトコルで機能します。

ロボットインテグレーション対応

FlexStation 3は、様々なロボットシステムにインテグレートすることができます。そして主要なロボットシステムについては、インテグレーションに手間がかかりません。各社のロボットシステムに対応したプログラムで、円滑なインテグレーションをサポートしているためです。このプログラムにより、インテグレートに要する時間や手間をセーブすることが可能です。

アッセイキット

当社ではFlexStation 3用に最適化された、様々なアッセイキットをご用意しています。