幹細胞

幹細胞に関する知見が広がり、理解が深まるにつれ、ヒューマンバイオロジーや医学の研究方法が変化しています。幹細胞を材料にすると生体における種々の細胞が得られるため、幹細胞は病理を研究する新たな手段となっています。幹細胞は新たな創薬ターゲットを特定し評価するための信頼性の高いモデルであり、その成果が臨床で盛んに応用されながら薬理学や毒性学に飛躍的な進歩をもたらしています。また、幹細胞を創薬に応用することで、新たなオーダーメード医療への道が拓きます。その一方で、動物実験が削減され、幹細胞の実験が動物実験に取って代わる可能性さえあります。

モレキュラーデバイスは、研究者の皆様がこの新たな研究開発を行う手助けをします。研究者が日々利用している製品には、ImageXpress® Micro Confocal ハイコンテントイメージングシステムやSpectraMax® MiniMax™ 300イメージングサイトメーターといった細胞イメージングプラットフォーム、パッチクランプシステムやプレートリーダー、これらの装置に関して最適化された試薬や消耗品があります。