タンパク質検出

プレートリーダーでタンパク質を効率的に検出

シングルモードやマルチモードのプレートリーダーで迅速なタンパク検出と定量が可能です。プレートリーダーは、Bradford法、BCA法、Lowry法、紫外吸収法、NanoOrange試薬およびCBQCA試薬に対応しています。さらに、カートリッジタイプのプレートリーダーでは、ウェスタンブロット法に対応したScanLaterシステムでタンパク検出が可能です。このシステムはユウロピウムの時間分解蛍光を利用しているため、基質や感光フィルムが不要で、感度・定量性・安定性に優れたタンパク検出が可能です。

ワークフロー