オプトジェネティクス

光を利用した細胞機能の制御およびモニタリング

オプトジェネティクスは、光感受性タンパク質を活用し、かつてない時間分解能および空間分解能で細胞プロセスや生物学的事象を解析することができる、進化の著しい手法です。この強力な手法は、その非侵襲的な特性と相まって、生物学的研究や創薬の分野に変革をもたらしました。

科学者達が、創薬のために弊社のFLIPR® Tetraシステムと試薬を使用し、どのように最新のオプトジェネティクスアプリケーションを開発してきたかについては、ウェビナーで紹介されている例をご覧ください。

 

皆様に、弊社が開発すべきオプトジェネティクスシステムを定義づける機能をご要望いただけます。また、皆様には製品の発売に先がけて、このシステムをご利用いただけるチャンスがございます。

オプトジェネティクスインサイダーになりませんか?> >