パッチクランプ法を用いた電気生理学

イオンチャネル研究のための進化したソリューション

パッチクランプ法は、イオンチャネルの挙動を解明するための汎用性の高い電気生理学的手法です。研究可能な細胞には、単一イオンチャネルを過剰発現させた神経細胞、筋線維、心筋細胞、卵母細胞などが挙げられます。微小電極で細胞膜を穿刺し、細胞膜の一部を取り除いて密封状態にします。その後、電圧を加えて膜電位を固定し、細胞膜を通る電流を測定します。膜電位と呼ばれる細胞膜の電圧の変化を測定するために、カレントクランプも使用することができます。細胞膜内の電圧または電流の変化は、チャネルをブロックまたは開く化合物を適用することで変化させることができます。これらの技法は、研究者が薬剤やイオン、もしくはその他の分析物の存在下においてイオンチャネルがどのように挙動するのかを解明することを可能にしました。

以下は、パッチクランプ法に関する資料です。

パッチクランプ法の基礎