3次元細胞イメージングおよび解析

化合物の有効性および毒性の高精度な予測

生体環境により近いという理由から、3次元(3D)スフェロイドなど、より複雑な細胞モデルの利用が一般的になっています。3D細胞培養を使用した定量的アッセイは、複雑化する生物学を解明するツールとして注目を集めながらも、3D細胞画像の撮影の困難さと課題の多い解析ワークフローのため、これまで多くの研究機関および関連機関が採用を見送ってきました。

ImageXpress® Micro ConfocalハイコンテントイメージングシステムおよびMetaXpress® 3D解析モジュールに実装されたテクノロジーは、これらの課題に対して、3D細胞モデルのハイスループットスクリーニングを単独のインターフェース内で実現し、実行する解析時間を短縮しました。

ハイスループットな画像取得および解析の実施に関するより詳しい情報については、以下のリンクをご覧ください。
  • Overview
  • Product
  • Resource
  • 3D 画像取得
  • 3D 画像解析
  • ウェビナーを見る
  • eBookのダウンロード

アプリケーション

この数年間で3Dモデルおよびその技術の開発は飛躍的に進化しました。これらの技術は例として、生分解性の足場材料、生体機能チップ構造、または自己組織化オルガノイドなどが挙げられます。ハイコンテントイメージングシステムによる、シンプルかつ容易に自動化が可能なワークフローが一般的になりつつあります。

 

  • 3Dスフェロイド

    スフェロイドそのものの生体反応が腫瘍の生理を模倣するため、ガン研究で広く使用されています。

  • 幹細胞

    細胞の初期状態に似ていることから、特定の細胞型や、3D組織中に起こる反応を測定するために用いられます。

  • 生物個体

    ヒトの生物学に関連性が高いモデルであり、相互に作用し合うシステム全体の研究に使用されています。

3Dモデルワークフロー

シンプルな3Dアッセイ

今日、3Dモデルを利用することははるかに容易になっています。ImageXpress Microハイコンテントイメージングシステムで画像取得を行い、MetaXpress ハイコンテント画像取得・解析ソフトウェアにより取得した画像の解析が可能です。さらに詳細な解析や3D構造の評価には、MetaXpressの3Dモジュールを使用することができます。

3Dイメージングおよび解析テクノロジー

モレキュラーデバイスのテクノロジーは、より生理学的意義の高いモデルに適応し、より簡単に利用できるように進化を続けています。 
ImageXpress製品ラインはそのスピード、感度、柔軟性が高度に統合されています。2Dまたは3Dのいずれの画像取得にも対応し、多様な種類のスライドやプレートに対応します。モレキュラーデバイスのテクノロジーが、小規模アッセイからハイスループットスクリーニングまで、3次元細胞培養アッセイのスループットをどのように向上させるのか、ご覧ください。